SINKCAPITAL
SINKCAPITAL
company Blog
Ruby on Rails チュートリアル第10章をやってみて
techinternlearning

ユーザーの更新・表示・削除

■第10章
editupdateindexdestroyアクションを加え、RESTアクションを完成させる。まず、ユーザーが自分のプロフィールを自分で更新できるようにできる。

10.1 ユーザーを更新する

ユーザー情報を編集するパターンは、新規ユーザーの作成と似てるらしい。

10.1.1 編集フォーム

Usersコントローラにeditアクションを追加して、それに対応するeditビューを実装する。

  def edit
    @user = User.find(params[:id])
  end

editビューも作成。

<% provide(:title, "Edit user") %>
<h1>Update your profile</h1>

<div class="row">
  <div class="col-md-6 col-md-offset-3">
    <%= form_for(@user) do |f| %>
      <%= render 'shared/error_messages' %>

      <%= f.label :name %>
      <%= f.text_field :name, class: 'form-control' %>

      <%= f.label :email %>
      <%= f.email_field :email, class: 'form-control' %>

      <%= f.label :password %>
      <%= f.password_field :password, class: 'form-control' %>

      <%= f.label :password_confirmation, "Confirmation" %>
      <%= f.password_field :password_confirmation, class: 'form-control' %>

      <%= f.submit "Save changes", class: "btn btn-primary" %>
    <% end %>

    <div class="gravatar_edit">
      <%= gravatar_for @user %>
      <a href="http://gravatar.com/emails" target="_blank">change</a>
    </div>
  </div>
</div>

リンク先のサイトがHTMLドキュメントのwindowオブジェクトを扱えてしまうため、target="_blank"で新しいページを開くときはセキュリティ上の問題がある。

10.1.2 編集の失敗

編集に失敗した場合について扱っていく。以下のコードを追加。

def update
    @user = User.find(params[:id])
    if @user.update_attributes(user_params)
      # 更新に成功した場合を扱う。
    else
      render 'edit'
    end
  end

10.1.3 編集失敗時のテスト

統合テスト生成から始める。

$ rails generate integration_test users_edit

中身も追記する。無事テストGREENに。

10.1.4 TDDで編集を成功させる

今度は編集フォームが動作するようにする。

編集の成功に対するテストを追記。

test "successful edit" do
    get edit_user_path(@user)
    assert_template 'users/edit'
    name  = "Foo Bar"
    email = "foo@bar.com"
    patch user_path(@user), params: { user: { name:  name,
                                              email: email,
                                              password:              "",
                                              password_confirmation: "" } }
    assert_not flash.empty?
    assert_redirected_to @user
    @user.reload
    assert_equal name,  @user.name
    assert_equal email, @user.email
end

コントローラのupdateアクションを弄って、パスワードが空のままでも更新できるようにする。空だったときの例外処理を加えるallow_nil: trueを追記。

validates :password, presence: true, length: { minimum: 6 }, allow_nil: true

これでテストがGREEN。

10.2 認可

ログインすると誰でも他のユーザー情報を編集できる状態なので、他の人のユーザー編集ページにアクセスしようとしたらルートURLにリダイレクトするようにする。

10.2.1 ユーザーにログインを要求する

ログイン画面に転送するために、beforeフィルターを使う。

beforeフィルターにlogged_in_userを追加。

before_action :logged_in_user, only: [:edit, :update]
  .
  .
  .
   private

# ログイン済みユーザーかどうか確認
    def logged_in_user
      unless logged_in?
        flash[:danger] = "Please log in."
        redirect_to login_url
      end
    end

このままじゃテストRED。原因は、editアクションやupdateアクションでログインを要求するようになったためなので、ログインしておくようにする。

  test "unsuccessful edit" do
    log_in_as(@user)
    get edit_user_path(@user)
    .
    .
    .
  end

  test "successful edit" do
    log_in_as(@user)
    get edit_user_path(@user)
    .
    .
    .
  end

beforeフィルターの実装が終わってないので追加してく。

editupdateアクションの保護に対するテストする

require 'test_helper'

class UsersControllerTest < ActionDispatch::IntegrationTest

  def setup
    @user = users(:michael)
  end
  .
  .
  .
  test "should redirect edit when not logged in" do
    get edit_user_path(@user)
    assert_not flash.empty?
    assert_redirected_to login_url
  end

  test "should redirect update when not logged in" do
    patch user_path(@user), params: { user: { name: @user.name,
                                              email: @user.email } }
    assert_not flash.empty?
    assert_redirected_to login_url
  end
end

今の状態だとまだログインさえしてしまえば他の人のページを編集できてしまうので、次以降でに進めていく。

10.2.2 正しいユーザーを要求する

ユーザーが自分の情報だけを編集できるようにする。

ユーザーの情報が互いに編集できないことを確認するために、2人目のユーザーを追加。

archer:
  name: Sterling Archer
  email: duchess@example.gov
  password_digest: <%= User.digest('password') %>

間違ったユーザーが編集しようとしたときのテスト。

def setup
    @user = users(:michael)
    @other_user = users(:archer)
  end

current_user?メソッドも追加。

論理値を返すメソッドにする。

# 渡されたユーザーがログイン済みユーザーであればtrueを返す
  def current_user?(user)
    user == current_user
  end

beforeフィルターを使って編集/更新ページを保護する。

class UsersController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user, only: [:edit, :update]
  before_action :correct_user,   only: [:edit, :update]
  .
  .
  .

# 正しいユーザーかどうか確認
    def correct_user
      @user = User.find(params[:id])
      redirect_to(root_url) unless current_user?(@user)
    end

テストも無事GREEN。

10.2.3 フレンドリーフォワーディング

アクセスしたページ→ログイン→アクセスしたページとなるにする。

統合テストの書き換え。

test "successful edit with friendly forwarding" do
    get edit_user_path(@user)
    log_in_as(@user)
    assert_redirected_to edit_user_url(@user)

失敗するテストが書けた。 希望のページに転送するには、リクエスト時点のページをどこかに保存しておき、その場所にリダイレクトさせる必要がある。store_locationredirect_back_orの2つのメソッドでこの動作を実現させる。

module SessionsHelper
  .
  .
  .
  # 記憶したURL (もしくはデフォルト値) にリダイレクト
  def redirect_back_or(default)
    redirect_to(session[:forwarding_url] || default)
    session.delete(:forwarding_url)
  end

  # アクセスしようとしたURLを覚えておく
  def store_location
    session[:forwarding_url] = request.original_url if request.get?
  end
end

GETリクエストが送られたときだけ格納するようにしておく。

# ログイン済みユーザーかどうか確認
    def logged_in_user
      unless logged_in?
        store_location
        flash[:danger] = "Please log in."
        redirect_to login_url
      end
    end

フォワーディング自体を実装するには、redirect_back_orメソッドを使う。

class SessionsController < ApplicationController
  .
  .
  .
  def create
    user = User.find_by(email: params[:session][:email].downcase)
    if user && user.authenticate(params[:session][:password])
      log_in user
      params[:session][:remember_me] == '1' ? remember(user) : forget(user)
      redirect_back_or user
    else
      flash.now[:danger] = 'Invalid email/password combination'
      render 'new'
    end
  end
  .
  .
  .
end

テストも無事GREEN。

10.3 すべてのユーザーを表示する

indexアクションを追加していく。

10.3.1 ユーザーの一覧ページ

indexページを不正なアクセスから守るために、まずはindexアクションが正しくリダイレクトするか検証するテストを書いていく。

以下を追記。

  test "should redirect index when not logged in" do
    get users_path
    assert_redirected_to login_url
  end

次にbeforeフィルターのlogged_in_userindexアクションを追加して、このアクションを保護する。

class UsersController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user, only: [:index, :edit, :update]
  before_action :correct_user,   only: [:edit, :update]

  def index
  end

  def show
    @user = User.find(params[:id])
  end
  .
  .
  .
end

User.allを使ってデータベース上の全ユーザーを取得し、ビューで使えるインスタンス変数@usersに代入させる。一気に読み込むと遅いが、それはあとで修正。

class UsersController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user, only: [:index, :edit, :update]
  .
  .
  .
  def index
    @users = User.all
  end
  .
  .
  .
end

indexビューの作成。;

<% provide(:title, 'All users') %>
<h1>All users</h1>

<ul class="users">
  <% @users.each do |user| %>
    <li>
      <%= gravatar_for user, size: 50 %>
      <%= link_to user.name, user %>
    </li>
  <% end %>
</ul>

gravatar_forヘルパーにオプション引数を追加。

module UsersHelper

  # 渡されたユーザーのGravatar画像を返す
  def gravatar_for(user, options = { size: 80 })
    gravatar_id = Digest::MD5::hexdigest(user.email.downcase)
    size = options[:size]
    gravatar_url = "https://secure.gravatar.com/avatar/#{gravatar_id}?s=#{size}"
    image_tag(gravatar_url, alt: user.name, class: "gravatar")
  end
end

CSSもちょっといじくって、そして、ユーザー一覧ページへのリンクを更新するusers_pathを使う。以下を追加。

<li><%= link_to "Users", users_path %></li>

テストして問題ないことを確認。

10.3.2 サンプルのユーザー

GemfileにFaker gemを追加。これでダミーのユーザーがたくさん作れるらしい。

100人くらい作るコード。

スクリーンショット
User.create!(name:  "Example User",
             email: "example@railstutorial.org",
             password:              "foobar",
             password_confirmation: "foobar")

99.times do |n|
  name  = Faker::Name.name
  email = "example-#{n+1}@railstutorial.org"
  password = "password"
  User.create!(name:  name,
               email: email,
               password:              password,
               password_confirmation: password)
end

その後データベースをいじったら、無事ダミーユーザーがたくさん出てきました。

スクリーンショット

10.3.3 ページネーション

1つのページに大量のユーザーが表示されているので、人数制限みたいなのをする。これを解決するのがページネーション。

Gemfileに新たなgemを追加。

indexページでpaginationを使う。

<% provide(:title, 'All users') %>
<h1>All users</h1>

<%= will_paginate %>

<ul class="users">
  <% @users.each do |user| %>
    <li>
      <%= gravatar_for user, size: 50 %>
      <%= link_to user.name, user %>
    </li>
  <% end %>
</ul>

<%= will_paginate %>

indexアクションでUsersをページネートする。

  def index
    @users = User.paginate(page: params[:page])
  end

10.3.4 ユーザー一覧のテスト

ページネーションに対する簡単なテストも書いておく。

fixtureにユーザー追加。

michael:
  name: Michael Example
  email: michael@example.com
  password_digest: <%= User.digest('password') %>

archer:
  name: Sterling Archer
  email: duchess@example.gov
  password_digest: <%= User.digest('password') %>

lana:
  name: Lana Kane
  email: hands@example.gov
  password_digest: <%= User.digest('password') %>

malory:
  name: Malory Archer
  email: boss@example.gov
  password_digest: <%= User.digest('password') %>

<% 30.times do |n| %>
user_<%= n %>:
  name:  <%= "User #{n}" %>
  email: <%= "user-#{n}@example.com" %>
  password_digest: <%= User.digest('password') %>
<% end %>

統合テスト作成。

$ rails generate integration_test users_index

最後にpaginationクラスを持ったdivタグチェックをして、無事テスト完了。

10.3.5 パーシャルのリファクタリング

ユーザーのlirender呼び出しに置き換える。

<% provide(:title, 'All users') %>
<h1>All users</h1>

<%= will_paginate %>

<ul class="users">
  <% @users.each do |user| %>
    <%= render user %>
  <% end %>
</ul>

<%= will_paginate %>

各ユーザーを表示するパーシャル。

<li>
  <%= gravatar_for user, size: 50 %>
  <%= link_to user.name, user %>
</li>

今度はrenderを@users変数に対して直接実行する。

<% provide(:title, 'All users') %>
<h1>All users</h1>

<%= will_paginate %>

<ul class="users">
  <%= render @users %>
</ul>

<%= will_paginate %>

テストもGREEN。

10.4 ユーザーを削除する

ユーザーを削除するためのリンクの作成。管理者権限を持つユーザーしか削除できないようにする。

10.4.1 管理ユーザー

論理値をとるadmin属性をUserモデルに追加する。型はbooleanに。

$ rails generate migration add_admin_to_users admin:boolean

デフォルトでは管理者になれないということを示すために、default: falseという引数をadd_columnに追加。 boolean型のadmin属性をUserに追加するマイグレーション

timestamp
class AddAdminToUsers < ActiveRecord::Migration[5.1]
  def change
    add_column :users, :admin, :boolean, default: false
  end
end

最初のユーザーだけ管理者にしとく。

User.create!(name:  "Example User",
             email: "example@railstutorial.org",
             password:              "foobar",
             password_confirmation: "foobar",
             admin: true)

データベース周りをいじって終わり。

10.4.2 destroyアクション

管理者のみ削除用のリンクを表示。

<li>
  <%= gravatar_for user, size: 50 %>
  <%= link_to user.name, user %>
  <% if current_user.admin? && !current_user?(user) %>
    | <%= link_to "delete", user, method: :delete,
                                  data: { confirm: "You sure?" } %>
  <% end %>
</li>

削除リンク動作のために、destroyアクションを追加する。

class UsersController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user, only: [:index, :edit, :update, :destroy]
  before_action :correct_user,   only: [:edit, :update]
  .
  .
  .
  def destroy
    User.find(params[:id]).destroy
    flash[:success] = "User deleted"
    redirect_to users_url
  end

  private
  .
  .
  .
end

サイトを正しく防衛するために、destroyアクションにもアクセス制御を行う。

class UsersController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user, only: [:index, :edit, :update, :destroy]
  before_action :correct_user,   only: [:edit, :update]
  before_action :admin_user,     only: :destroy
  .
  .
  .
  private
    .
    .
    .
    # 管理者かどうか確認
    def admin_user
      redirect_to(root_url) unless current_user.admin?
    end
end

10.4.3 ユーザー削除のテスト

1人だけadmin:trueで管理者にする。

ログインしていないユーザーであれば、ログイン画面にリダイレクトされること、ログイン済みではあっても管理者でなければ、ホーム画面にリダイレクトされることの2つをチェックする。

テストの中身を書き換えたら完了。

感想

やっぱりセキュリティ周りのことはとにかくテストが大事なんだなという印象を受けました。あとテストでエラーが出ても、自力で解決できる力がさらについた気がします。

社内ドキュメントにNotionを導入して感じた事
櫻井 裕司
2022/04/02 櫻井 裕司
tech
社内ドキュメントをNotionに寄せることで見えてきたメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。また使う中で感じたいくつかの要望もまとめていこうと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第3章 BIツールに関する知識をつける
白井 透
2022/03/31 白井 透
techinternlearningpersonal
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第3章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第2章 さまざまな分析をしてみよう
白井 透
2022/03/30 白井 透
techinternlearningpersonal
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第2章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第1章 分析ダッシュボードを作ってみよう
白井 透
2022/03/29 白井 透
techinternlearningpersonal
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第1章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第14章をやってみて & まとめ
白井 透
2022/02/20 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第14章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第13章をやってみて
白井 透
2022/02/20 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第13章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第12章をやってみて
白井 透
2022/02/19 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第12章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第11章をやってみて
白井 透
2022/02/19 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第11章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第9章をやってみて
白井 透
2022/02/16 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第9章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第8章をやってみて
白井 透
2022/02/14 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第8章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第7章をやってみて
白井 透
2022/02/14 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第7章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第6章をやってみて
白井 透
2022/02/13 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第6章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第5章をやってみて
白井 透
2022/02/12 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第5章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第4章をやってみて
白井 透
2022/02/11 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第4章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第3章をやってみて
白井 透
2022/02/08 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第3章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第2章をやってみて
白井 透
2022/02/07 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第2章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第1章をやってみて & 自己紹介
白井 透
2022/02/07 白井 透
techinternlearningpersonal
【Ruby on rails 第1章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Nuxt上でのd3を利用した散布図の作成方法
櫻井 裕司
2021/10/29 櫻井 裕司
techdataAnalytics
クリック可能な散布図をNuxtjs上で作成する場合にd3.jsが汎用性が高く便利でした。利用するにあたって難しかった点などを備考録としてまとめています。
アクセスログを可視化しGAのデータを直感的に理解できる型態にする試み(ネットワーク型)
櫻井 裕司
2021/09/05 櫻井 裕司
techdataAnalytics
ビジネスに活きる分析を進める上で弊社では「理解できる」ことを重要と考えており、特に直感的理解は可視化を進める上で特に重要だと考える内容の一つです。弊社では様々なお客様のデータ分析を進める上で常により示唆の大きい可視化を追求しており、今回はその中で最近試みているネットワーク側の可視化についてまとめたいと思います。
代表櫻井による特別講演会が白陵高等学校で開かれました
櫻井 裕司
2021/07/31 櫻井 裕司
eventpersonal
2021年の夏に兵庫県の私立白陵高等学校において、代表櫻井による特別講演会を開催いたしました。今振り返って高校の頃の自分に伝えたいことについてお話しました。
Nuxtで動的ページを随時追加する場合にNot Foundとなる
櫻井 裕司
2021/05/31 櫻井 裕司
tech
Nuxtで動的ページを登録する方法はありますが、登録後に随時コンテンツが追加される際はNot Foundとなってしまうので、そう言った際の対処方法について
GKEをやめてCloud Runを始めてみました
櫻井 裕司
2021/04/19 櫻井 裕司
tech
firebaseで構築したシステムの裏で動かすバッチの負荷が大きく、cloud functionsで終わらなかったためCloud Runを利用してみました。動作確認までの知見等を雑多にまとめてみました。
AWSをやめてfirebaseを使い始めて感じたメリットやデメリットとそれの対応策(LT登壇内容)
櫻井 裕司
2021/03/26 櫻井 裕司
techeventpersonal
みそかつウェブ・GDG Nagoya主催の「around firebase」とCloud Native Nagoya主演の「Cloud Native Nagoya」にてfirebaseのLTをさせていただきました。そこで会話させていただいたfirebaseを使い始めて感じたメリット・デメリットについてまとめています。
PWA+SPAのwebアプリ作成にnuxtjs+firebaseがめちゃ便利だった
櫻井 裕司
2021/01/16 櫻井 裕司
tech
PWA+SPAのwebアプリを作る際にnuxt.js+firebaseを合わせて利用すると便利だったので知見を書き留めています
s3のhostingでPWAを導入する方法
櫻井 裕司
2020/12/19 櫻井 裕司
tech
アプリ作成時にpwaが比較されることが多かったですが、実際にpwaを実装した経験がなかったため今回自社サイトをPWA化してみました。
dockerでseleniumを動かしてみる(chrome_headless)
櫻井 裕司
2020/12/06 櫻井 裕司
tech
seleniumの相談をいただくことが増えたため、seleniumの勉強もかねてdockerでの実行テストを行いました
THE DECKのイベントにお邪魔させていただきました
本林 秀和
2020/12/05 本林 秀和
eventpersonal
大学コンソーシアム大阪のイベント@The DECK にお邪魔してきました
flutter(dart)を触ってみた感想
櫻井 裕司
2020/11/18 櫻井 裕司
tech
android向けアプリへの対応も考慮してflutter(dart)を触ってみたので、感想をまとめておこうと思います。理解が深まっていく中で定期的にまとめていければと思います。
代表本林による特別講演会が滝高校で開かれました
本林 秀和
2020/11/07 本林 秀和
eventpersonal
2020年11月7日(土)愛知県の私立滝高校において、代表本林による特別講演会を開催いたしました。IT業界やデータサイエンスについてお話しました。
AWS・GCPを選ぶ際の観点
櫻井 裕司
2020/10/28 櫻井 裕司
tech
AWSかGCPを選ぶ際の観点について書き留めておこうと思います
CloudFormationとterraformの比較
櫻井 裕司
2020/10/04 櫻井 裕司
tech
AWS CloudFormationとterraformの両方を使ってみて感じた違いをまとめてみました。
iosのcallkit周りでできること
櫻井 裕司
2020/08/24 櫻井 裕司
tech
新規事業を検討する上でios(swift)の電話周りでできることを調査したため、調査結果をブログとして残しています。
【個人ブログ】CTOの株運用ブログ_順調な滑り出し
櫻井 裕司
2020/07/19 櫻井 裕司
personalstock
長年放置してた株に少し手を出してみました。自分なりに少し情報整理と分析と予想をしたので記事にしてみます。
総務省特定サービス産業実態調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/18 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。今回は「特定サービス産業実態調査」について見ていこうと思います。
「お絵かきつみ木バトル」をリリースしました
櫻井 裕司
2020/07/12 櫻井 裕司
techapp
タスク管理を二次元的に行うアプリ「お絵かきつみ木バトル」をリリースしました。SinkCapitalはデータコンサルですが、知見蓄積のため様々な媒体での実験的開発を行っています
総務省工業統計調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/11 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。今回は「工業統計調査」について見ていこうと思います。
総務省サービス産業動向調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/08 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。初回は「サービス産業動向調査」について見ていこうと思います。
【個人ブログ】CTOが個人的に株をはじめました
櫻井 裕司
2020/07/08 櫻井 裕司
personalstock
長年放置してた株に少し手を出してみました。自分なりに少し情報整理と分析と予想をしたので記事にしてみます。
タスク管理アプリ「タスククロス」をリリースしました
櫻井 裕司
2020/04/08 櫻井 裕司
techapp
タスク管理を二次元的に行うアプリ「タスククロス」をリリースしました。SinkCapitalはデータコンサルですが、知見蓄積のため様々な媒体での実験的開発を行っています
【terraform】gcpでcicd環境を構築する方法
櫻井 裕司
2020/01/04 櫻井 裕司
tech
企業サイトはAWSを利用しているのですが、要件によってはGCPの方が適している場合もあるため、GCPでのcicd構築も行いました。AWSと比較しつつ説明しているため是非ご参考にしてみてください。
【合格体験記】GCP_Cloud_Archtectに受かりました
櫻井 裕司
2019/12/23 櫻井 裕司
personalqualification
Google Professional Cloud Architectに合格したので、勉強法別のコスパをまとめてみました。
AWSでサブドメインなし(wwwなし)からサブドメインあり(wwwあり)へのリダイレクト設定
櫻井 裕司
2019/12/23 櫻井 裕司
tech
もともと企業サイトがサブドメインありで公開していたが、サブドメインなしでもエラーなく接続できるように設計。terraformで作成しているので是非ご参考ください。
マークダウンで記事を書けるようにしてみた
櫻井 裕司
2019/12/16 櫻井 裕司
tech
ホームページのブログをマークダウンを使用してかけるようにしました。gatsbyなどもありますが、今回はお手製cicd+pythonを使用してライトに作成しました。
Copyright © SinkCapital 2022