SINKCAPITAL
SINKCAPITAL
company Blog
Ruby on Rails チュートリアル第14章をやってみて & まとめ
techinternlearning

ユーザーをフォローする

■第14章
他のユーザーをフォロしたりフォロー解除したり、フォローしているユーザーの投稿をステータスフィードに表示する機能を追加する。

ここで学んだデータモデルは、今後自分用のWebアプリケーションを開発するときに必ず役に立つらしいので、理解できるよう頑張ります。。

14.1 Relationshipモデル

has_manyを使えば実現できるようなものではない。問題は生じてしまう。 それを解決するためにhas_many throughについて説明する。

14.1.1 データモデルの問題 (および解決策)

いい加減なモデルを作ってしまうと、とにかく面倒で悲惨なことになる。 データの関係についてしっかり考えて作成する。

userとuserを繋ぐテーブルactive_relationshipsを作成する。 マイグレーション生成。

$ rails generate model Relationship follower_id:integer followed_id:integer

このリレーションシップは今後follower_idfollowed_idで頻繁に検索することになるので、それぞれのカラムにインデックスを追加。

timestamp
class CreateRelationships < ActiveRecord::Migration[5.1]
  def change
    create_table :relationships do |t|
      t.integer :follower_id
      t.integer :followed_id

      t.timestamps
    end
    add_index :relationships, :follower_id
    add_index :relationships, :followed_id
    add_index :relationships, [:follower_id, :followed_id], unique: true
  end
end

一番下のadd_indexは、uniqueと書かれている。これは必ずユニークであることを保証する仕組み。

relationshipsテーブルを作成するためにマイグレーション。

rails db:migrate

14.1.2 User/Relationshipの関連付け

UserとRelationshipの関連付けを行う。

能動的関係に対して1対多 (has_many) の関連付けを実装。

class User < ApplicationRecord
  has_many :microposts, dependent: :destroy
  has_many :active_relationships, class_name:  "Relationship",
                                  foreign_key: "follower_id",
                                  dependent:   :destroy
  .
  .
  .
end

リレーションシップ/フォロワーに対してbelongs_toの関連付けを追加。

class Relationship < ApplicationRecord
  belongs_to :follower, class_name: "User"
  belongs_to :followed, class_name: "User"
end

14.1.3 Relationshipのバリデーション

まずはテストを作成する。fixtureはいったん空にしておく。

Relationshipモデルのバリデーションをテスト。

require 'test_helper'

class RelationshipTest < ActiveSupport::TestCase

  def setup
    @relationship = Relationship.new(follower_id: users(:michael).id,
                                     followed_id: users(:archer).id)
  end

  test "should be valid" do
    assert @relationship.valid?
  end

  test "should require a follower_id" do
    @relationship.follower_id = nil
    assert_not @relationship.valid?
  end

  test "should require a followed_id" do
    @relationship.followed_id = nil
    assert_not @relationship.valid?
  end
end

Relationshipモデルに対してバリデーションを追加。

class Relationship < ApplicationRecord
  belongs_to :follower, class_name: "User"
  belongs_to :followed, class_name: "User"
  validates :follower_id, presence: true
  validates :followed_id, presence: true
end

無事テストも成功。

14.1.4 フォローしているユーザー

followingがフォロー先ユーザー、followersはフォロー元ユーザー。

Userモデルにfollowingの関連付けを追加。

class User < ApplicationRecord
  has_many :microposts, dependent: :destroy
  has_many :active_relationships, class_name:  "Relationship",
                                  foreign_key: "follower_id",
                                  dependent:   :destroy
  has_many :following, through: :active_relationships, source: :followed
  .
  .
  .
end

これにより、フォローしているユーザーを配列の様に扱えるようになった。 followunfollowといった便利メソッドを追加する。

テストから先に書く。

require 'test_helper'

class UserTest < ActiveSupport::TestCase
  .
  .
  .
  test "should follow and unfollow a user" do
    michael = users(:michael)
    archer  = users(:archer)
    assert_not michael.following?(archer)
    michael.follow(archer)
    assert michael.following?(archer)
    michael.unfollow(archer)
    assert_not michael.following?(archer)
  end
end

実際にフォローするメソッド、フォロー解除するメソッド、 現在のユーザーがフォローしてたらtrueを返すメソッドを追加する。

# ユーザーをフォローする
  def follow(other_user)
    following << other_user
  end

  # ユーザーをフォロー解除する
  def unfollow(other_user)
    active_relationships.find_by(followed_id: other_user.id).destroy
  end

  # 現在のユーザーがフォローしてたらtrueを返す
  def following?(other_user)
    following.include?(other_user)
  end

テストも通過しました。

14.1.5 フォロワー

user.followersメソッドを追加する。フォローと似たようなことをしていく。

class User < ApplicationRecord
  has_many :microposts, dependent: :destroy
  has_many :active_relationships,  class_name:  "Relationship",
                                   foreign_key: "follower_id",
                                   dependent:   :destroy
  has_many :passive_relationships, class_name:  "Relationship",
                                   foreign_key: "followed_id",
                                   dependent:   :destroy
  has_many :following, through: :active_relationships,  source: :followed
  has_many :followers, through: :passive_relationships, source: :follower
  .
  .
  .
end

テストを書いていく。

require 'test_helper'

class UserTest < ActiveSupport::TestCase
  .
  .
  .
  test "should follow and unfollow a user" do
    michael  = users(:michael)
    archer   = users(:archer)
    assert_not michael.following?(archer)
    michael.follow(archer)
    assert michael.following?(archer)
    assert archer.followers.include?(michael)
    michael.unfollow(archer)
    assert_not michael.following?(archer)
  end
end

テストもGREENに。今回は順調です。

14.2 [Follow] のWebインターフェイス

フォロー/フォロー解除の基本的なインターフェイスを実装していく。また、フォローしているユーザーと、フォロワーにそれぞれ表示用のページを作成する。

14.2.1 フォローのサンプルデータ

先にサンプルデータを自動作成できるようにしておけば、Webページの見た目のデザインから先にとりかかることができ、バックエンド機能の実装を後に回すことができるらしい。

サンプルデータにfollowing/followerの関係性を追加する。以下のコードを追加。

# リレーションシップ
users = User.all
user  = users.first
following = users[2..50]
followers = users[3..40]
following.each { |followed| user.follow(followed) }
followers.each { |follower| follower.follow(user) }

14.2.2 統計と [Follow] フォーム

最初に、プロフィールページとHomeページに、フォローしているユーザーとフォロワーの統計情報を表示するためのパーシャルを作成する。

次に、フォロー用とフォロー解除用のフォームを作成する。それから、フォローしているユーザーの一覧 ("following") とフォロワーの一覧 ("followers") を表示する専用のページを作成する。

Usersコントローラにfollowingアクションとfollowersアクションを追加する。

Rails.application.routes.draw do
  root   'static_pages#home'
  get    '/help',    to: 'static_pages#help'
  get    '/about',   to: 'static_pages#about'
  get    '/contact', to: 'static_pages#contact'
  get    '/signup',  to: 'users#new'
  get    '/login',   to: 'sessions#new'
  post   '/login',   to: 'sessions#create'
  delete '/logout',  to: 'sessions#destroy'
  resources :users do
    member do
      get :following, :followers
    end
  end
  resources :account_activations, only: [:edit]
  resources :password_resets,     only: [:new, :create, :edit, :update]
  resources :microposts,          only: [:create, :destroy]
end

ルーティングを定義したので、統計情報のパーシャルを実装する準備が整った。divタグの中に2つのリンクを含めるようにする。

<% @user ||= current_user %>
<div class="stats">
  <a href="<%= following_user_path(@user) %>">
    <strong id="following" class="stat">
      <%= @user.following.count %>
    </strong>
    following
  </a>
  <a href="<%= followers_user_path(@user) %>">
    <strong id="followers" class="stat">
      <%= @user.followers.count %>
    </strong>
    followers
  </a>
</div>

homeにも追加する。

<% if logged_in? %>
  <div class="row">
    <aside class="col-md-4">
      <section class="user_info">
        <%= render 'shared/user_info' %>
      </section>
      <section class="stats">
        <%= render 'shared/stats' %>
      </section>
      <section class="micropost_form">
        <%= render 'shared/micropost_form' %>
      </section>
    </aside>
    <div class="col-md-8">
      <h3>Micropost Feed</h3>
      <%= render 'shared/feed' %>
    </div>
  </div>
<% else %>
  .
  .
  .
<% end %>

見た目を整えるためにCSSも弄る。

[Follow] / [Unfollow] ボタン用のパーシャルも作成しておく。

<% unless current_user?(@user) %>
  <div id="follow_form">
  <% if current_user.following?(@user) %>
    <%= render 'unfollow' %>
  <% else %>
    <%= render 'follow' %>
  <% end %>
  </div>
<% end %>

followunfollowのパーシャルに作業を振っているだけ。パーシャルでは、Relationshipsリソース用の新しいルーティングが必要。

Rails.application.routes.draw do
  root                'static_pages#home'
  get    'help'    => 'static_pages#help'
  get    'about'   => 'static_pages#about'
  get    'contact' => 'static_pages#contact'
  get    'signup'  => 'users#new'
  get    'login'   => 'sessions#new'
  post   'login'   => 'sessions#create'
  delete 'logout'  => 'sessions#destroy'
  resources :users do
    member do
      get :following, :followers
    end
  end
  resources :account_activations, only: [:edit]
  resources :password_resets,     only: [:new, :create, :edit, :update]
  resources :microposts,          only: [:create, :destroy]
  resources :relationships,       only: [:create, :destroy]
end

フォローとフォロー解除用のパーシャルは以下。

<%= form_for(current_user.active_relationships.build) do |f| %>
  <div><%= hidden_field_tag :followed_id, @user.id %></div>
  <%= f.submit "Follow", class: "btn btn-primary" %>
<% end %>
<%= form_for(current_user.active_relationships.find_by(followed_id: @user.id),
             html: { method: :delete }) do |f| %>
  <%= f.submit "Unfollow", class: "btn btn-default" %>
<% end %>

れらの2つのフォームの主な違いは、上は新しいリレーションシップを作成するのに対し、下は既存のリレーションシップを見つけ出すという点。

プロフィールにフォローとフォロー解除のボタンをそれぞれ表示するようにする。

<% provide(:title, @user.name) %>
<div class="row">
  <aside class="col-md-4">
    <section class="user_info">
      <h1>
        <%= gravatar_for @user %>
        <%= @user.name %>
      </h1>
    </section>
    <section class="stats">
      <%= render 'shared/stats' %>
    </section>
  </aside>
  <div class="col-md-8">
    <%= render 'follow_form' if logged_in? %>
    <% if @user.microposts.any? %>
      <h3>Microposts (<%= @user.microposts.count %>)</h3>
      <ol class="microposts">
        <%= render @microposts %>
      </ol>
      <%= will_paginate @microposts %>
    <% end %>
  </div>
</div>

14.2.3 [Following] と [Followers] ページ

フォロー全員を表示するページと、フォロワー全員を表示するページを作っていく。

ログインを要求するようにする。そのためのテストをまずは書く。

require 'test_helper'

class UsersControllerTest < ActionDispatch::IntegrationTest

  def setup
    @user = users(:michael)
    @other_user = users(:archer)
  end
  .
  .
  .
  test "should redirect following when not logged in" do
    get following_user_path(@user)
    assert_redirected_to login_url
  end

  test "should redirect followers when not logged in" do
    get followers_user_path(@user)
    assert_redirected_to login_url
  end
end

followingアクションとfollowersアクションを追加。

class UsersController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user, only: [:index, :edit, :update, :destroy,
                                        :following, :followers]
  .
  .
  .
  def following
    @title = "Following"
    @user  = User.find(params[:id])
    @users = @user.following.paginate(page: params[:page])
    render 'show_follow'
  end

  def followers
    @title = "Followers"
    @user  = User.find(params[:id])
    @users = @user.followers.paginate(page: params[:page])
    render 'show_follow'
  end

  private
  .
  .
  .
end

Railsは慣習に従って、アクションに対応するビューを暗黙的に呼び出す。

フォローしているユーザーとフォロワーの両方を表示するshow_followビューを作成。

<% provide(:title, @title) %>
<div class="row">
  <aside class="col-md-4">
    <section class="user_info">
      <%= gravatar_for @user %>
      <h1><%= @user.name %></h1>
      <span><%= link_to "view my profile", @user %></span>
      <span><b>Microposts:</b> <%= @user.microposts.count %></span>
    </section>
    <section class="stats">
      <%= render 'shared/stats' %>
      <% if @users.any? %>
        <div class="user_avatars">
          <% @users.each do |user| %>
            <%= link_to gravatar_for(user, size: 30), user %>
          <% end %>
        </div>
      <% end %>
    </section>
  </aside>
  <div class="col-md-8">
    <h3><%= @title %></h3>
    <% if @users.any? %>
      <ul class="users follow">
        <%= render @users %>
      </ul>
      <%= will_paginate %>
    <% end %>
  </div>
</div>

無事テストもGREEENに。

show_followの描画結果を確認するため、統合テストを書いていく。

$ rails generate integration_test following

fixtureも書いていく。

one:
  follower: michael
  followed: lana

two:
  follower: michael
  followed: malory

three:
  follower: lana
  followed: michael

four:
  follower: archer
  followed: michael

さらに、正しいURLかどうかをテストするコードも加える。

require 'test_helper'

class FollowingTest < ActionDispatch::IntegrationTest

  def setup
    @user = users(:michael)
    log_in_as(@user)
  end

  test "following page" do
    get following_user_path(@user)
    assert_not @user.following.empty?
    assert_match @user.following.count.to_s, response.body
    @user.following.each do |user|
      assert_select "a[href=?]", user_path(user)
    end
  end

  test "followers page" do
    get followers_user_path(@user)
    assert_not @user.followers.empty?
    assert_match @user.followers.count.to_s, response.body
    @user.followers.each do |user|
      assert_select "a[href=?]", user_path(user)
    end
  end
end

テストも無事GREENに。

14.2.4 [Follow] ボタン (基本編)

ボタンが動作するようにしていく。Relationshipsコントローラが必要なので生成する。

$ rails generate controller Relationships

ログイン済みでなければRelationshipのカウントが変わっていないことを確認する。テストを書く。

require 'test_helper'

class RelationshipsControllerTest < ActionDispatch::IntegrationTest

  test "create should require logged-in user" do
    assert_no_difference 'Relationship.count' do
      post relationships_path
    end
    assert_redirected_to login_url
  end

  test "destroy should require logged-in user" do
    assert_no_difference 'Relationship.count' do
      delete relationship_path(relationships(:one))
    end
    assert_redirected_to login_url
  end
end

Relationshipsコントローラのアクションに対してbeforeを追加する。

class RelationshipsController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user

  def create
  end

  def destroy
  end
end

ボタンを正常動作させるために、対応するユーザーを見つけてこなければならない。

class RelationshipsController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user

  def create
    user = User.find(params[:followed_id])
    current_user.follow(user)
    redirect_to user
  end

  def destroy
    user = Relationship.find(params[:id]).followed
    current_user.unfollow(user)
    redirect_to user
  end
end

これで、フォロー/フォロー解除の機能が完成。

14.2.5 [Follow] ボタン (Ajax編)

Ajaxを使えば、Webページからサーバーに「非同期」で、ページを移動することなくリクエストを送信することができる。WebフォームにAjaxを採用するのは今や当たり前になりつつあるので、RailsでもAjaxを簡単に実装できるようになっているらしい。

form_for

これを

form_for ..., remote: true

こう置き換えるだけで、Railsは自動的にAjaxを使うようになる。該当箇所を修正。

Ajaxに対応させるために、respond_toメソッドをcreateアクションとdestroyアクションにそれぞれ追加する。

class RelationshipsController < ApplicationController
  before_action :logged_in_user

  def create
    @user = User.find(params[:followed_id])
    current_user.follow(@user)
    respond_to do |format|
      format.html { redirect_to @user }
      format.js
    end
  end

  def destroy
    @user = Relationship.find(params[:id]).followed
    current_user.unfollow(@user)
    respond_to do |format|
      format.html { redirect_to @user }
      format.js
    end
  end
end

ブラウザ側でJavaScriptが無効になっていた場合でもうまく動くようにする。

require File.expand_path('../boot', __FILE__)
.
.
.
module SampleApp
  class Application < Rails::Application
    .
    .
    .
    # 認証トークンをremoteフォームに埋め込む
    config.action_view.embed_authenticity_token_in_remote_forms = true
  end
end

javascriptを動かせるようにするためには以下も必要。

JavaScriptと埋め込みRubyを使ってフォローの関係性を作成する。

$("#follow_form").html("<%= escape_javascript(render('users/unfollow')) %>");
$("#followers").html('<%= @user.followers.count %>');

Ruby JavaScript (RJS) を使ってフォローの関係性を削除する。

$("#follow_form").html("<%= escape_javascript(render('users/follow')) %>");
$("#followers").html('<%= @user.followers.count %>');

これで、プロフィールページを更新させずにフォローとフォロー解除ができるようになった。

14.2.6 フォローをテストする

フォローのテストを書いていく。

require 'test_helper'

class FollowingTest < ActionDispatch::IntegrationTest

  def setup
    @user  = users(:michael)
    @other = users(:archer)
    log_in_as(@user)
  end
  .
  .
  .
  test "should follow a user the standard way" do
    assert_difference '@user.following.count', 1 do
      post relationships_path, params: { followed_id: @other.id }
    end
  end

  test "should follow a user with Ajax" do
    assert_difference '@user.following.count', 1 do
      post relationships_path, xhr: true, params: { followed_id: @other.id }
    end
  end

  test "should unfollow a user the standard way" do
    @user.follow(@other)
    relationship = @user.active_relationships.find_by(followed_id: @other.id)
    assert_difference '@user.following.count', -1 do
      delete relationship_path(relationship)
    end
  end

  test "should unfollow a user with Ajax" do
    @user.follow(@other)
    relationship = @user.active_relationships.find_by(followed_id: @other.id)
    assert_difference '@user.following.count', -1 do
      delete relationship_path(relationship), xhr: true
    end
  end
end

これでテストも無事完了。

14.3 ステータスフィード

ステータスフィードの実装に取りかかる。

14.3.1 動機と計画

テストを書いていく中で重要なのは、フィードに必要な以下の3つの条件を満たすこと。

  1. フォローしているユーザーのマイクロポストがフィードに含まれていること。

  2. 自分自身のマイクロポストもフィードに含まれていること。

  3. フォローしていないユーザーのマイクロポストがフィードに含まれていないこと

require 'test_helper'

class UserTest < ActiveSupport::TestCase
  .
  .
  .
  test "feed should have the right posts" do
    michael = users(:michael)
    archer  = users(:archer)
    lana    = users(:lana)
    # フォローしているユーザーの投稿を確認
    lana.microposts.each do |post_following|
      assert michael.feed.include?(post_following)
    end
    # 自分自身の投稿を確認
    michael.microposts.each do |post_self|
      assert michael.feed.include?(post_self)
    end
    # フォローしていないユーザーの投稿を確認
    archer.microposts.each do |post_unfollowed|
      assert_not michael.feed.include?(post_unfollowed)
    end
  end
end

今のままだとまだテストはRED。

14.3.2 フィードを初めて実装する

ユーザーのステータスフィードを返す。

とりあえず動くフィードの実装。

class User < ApplicationRecord
  .
  .
  .
  # パスワード再設定の期限が切れている場合はtrueを返す
  def password_reset_expired?
    reset_sent_at < 2.hours.ago
  end

  # ユーザーのステータスフィードを返す
  def feed
    Micropost.where("user_id IN (?) OR user_id = ?", following_ids, id)
  end

  # ユーザーをフォローする
  def follow(other_user)
    following << other_user
  end
  .
  .
  .
end

テストは成功に。

14.3.3 サブセレクト

フィードの実装は、投稿されたマイクロポストの数が膨大になったときにうまくスケールしないらしい。

フォローしているユーザーが5,000人程度になるとWebサービス全体が遅くなる可能性があるから、フォローしているユーザー数に応じてスケールできるように、ステータスフィードを改善していく。

効率的にコードを置き換えるために、SQLのサブセレクトを使う。

class User < ApplicationRecord
  .
  .
  .
  # ユーザーのステータスフィードを返す
  def feed
    following_ids = "SELECT followed_id FROM relationships
                     WHERE follower_id = :user_id"
    Micropost.where("user_id IN (#{following_ids})
                     OR user_id = :user_id", user_id: id)
  end
  .
  .
  .
end

テストも無事完了!

まとめ

できたアプリがこちら

無事Railsチュートリアルを完走することができました。エラーが出た時はかなりしんどかったですが、力技でなんとか押し切れました。

Webアプリケーションがどのように出来ているか、なんとなくですが掴めた気がします。

思ったことがいくつかあるのですが、うまくまとめらないので、箇条書きにして綴っていきます。

所感

  • Railsチュートリアルは多くの人が取り組んでいるので、エラーや詰まった時に参考になる記事が多い。
  • プログラミングを学んでいくなら、成果物を作りながらの方が性に合う。手法を学んでいくだけだと作業感が強い。
  • 自分で調べながら全部できるようになるのまでは、時間がかかりそう。
  • パソコンと向き合う時間が長いので、視力低下や疲れの対策を早めに取っておきたい。
  • Rubyの書籍の目次などに目を通してみると、ほとんどチュートリアルでやったことだった。
  • 一周でも得るものは多かったが、二周目、三周目とやって理解を深めた方が良さそう。

疑問

  • 人やタスク、チームの規模によりけりな気はするが、大体テストを作るだとか、何か一つタスクを終えるのにはどのくらいの時間がかかるのか
  • チームでやっていく中で分担して作業していくとどのような感じになるのか
  • フロント、バックエンドと分けて考えることが基本だが、どちらにも必須な知識はどのようなことなのか

やりたいこと

  • 上の疑問を解消していきたい。
  • 人とコミュニケーションを取りながら作業することの経験を積みたい。
  • 将来的に、自分の興味のある組み込み系のことが少しでもできたらありがたい。
  • エンジニアをジャンル分けした時に、Web系と組み込み系は分かれるらしいが、どちらにも活きる知識を身につけたい。
  • 自分でもWebアプリケーションが開発できるようになりたい。

拙い文章ですが、以上です。

社内ドキュメントにNotionを導入して感じた事
櫻井 裕司
2022/04/02 櫻井 裕司
tech
社内ドキュメントをNotionに寄せることで見えてきたメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。また使う中で感じたいくつかの要望もまとめていこうと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第3章 BIツールに関する知識をつける
白井 透
2022/03/31 白井 透
techinternlearningpersonal
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第3章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第2章 さまざまな分析をしてみよう
白井 透
2022/03/30 白井 透
techinternlearningpersonal
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第2章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第1章 分析ダッシュボードを作ってみよう
白井 透
2022/03/29 白井 透
techinternlearningpersonal
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第1章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第13章をやってみて
白井 透
2022/02/20 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第13章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第12章をやってみて
白井 透
2022/02/19 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第12章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第11章をやってみて
白井 透
2022/02/19 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第11章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第10章をやってみて
白井 透
2022/02/18 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第10章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第9章をやってみて
白井 透
2022/02/16 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第9章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第8章をやってみて
白井 透
2022/02/14 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第8章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第7章をやってみて
白井 透
2022/02/14 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第7章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第6章をやってみて
白井 透
2022/02/13 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第6章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第5章をやってみて
白井 透
2022/02/12 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第5章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第4章をやってみて
白井 透
2022/02/11 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第4章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第3章をやってみて
白井 透
2022/02/08 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第3章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第2章をやってみて
白井 透
2022/02/07 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第2章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第1章をやってみて & 自己紹介
白井 透
2022/02/07 白井 透
techinternlearningpersonal
【Ruby on rails 第1章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Nuxt上でのd3を利用した散布図の作成方法
櫻井 裕司
2021/10/29 櫻井 裕司
techdataAnalytics
クリック可能な散布図をNuxtjs上で作成する場合にd3.jsが汎用性が高く便利でした。利用するにあたって難しかった点などを備考録としてまとめています。
アクセスログを可視化しGAのデータを直感的に理解できる型態にする試み(ネットワーク型)
櫻井 裕司
2021/09/05 櫻井 裕司
techdataAnalytics
ビジネスに活きる分析を進める上で弊社では「理解できる」ことを重要と考えており、特に直感的理解は可視化を進める上で特に重要だと考える内容の一つです。弊社では様々なお客様のデータ分析を進める上で常により示唆の大きい可視化を追求しており、今回はその中で最近試みているネットワーク側の可視化についてまとめたいと思います。
代表櫻井による特別講演会が白陵高等学校で開かれました
櫻井 裕司
2021/07/31 櫻井 裕司
eventpersonal
2021年の夏に兵庫県の私立白陵高等学校において、代表櫻井による特別講演会を開催いたしました。今振り返って高校の頃の自分に伝えたいことについてお話しました。
Nuxtで動的ページを随時追加する場合にNot Foundとなる
櫻井 裕司
2021/05/31 櫻井 裕司
tech
Nuxtで動的ページを登録する方法はありますが、登録後に随時コンテンツが追加される際はNot Foundとなってしまうので、そう言った際の対処方法について
GKEをやめてCloud Runを始めてみました
櫻井 裕司
2021/04/19 櫻井 裕司
tech
firebaseで構築したシステムの裏で動かすバッチの負荷が大きく、cloud functionsで終わらなかったためCloud Runを利用してみました。動作確認までの知見等を雑多にまとめてみました。
AWSをやめてfirebaseを使い始めて感じたメリットやデメリットとそれの対応策(LT登壇内容)
櫻井 裕司
2021/03/26 櫻井 裕司
techeventpersonal
みそかつウェブ・GDG Nagoya主催の「around firebase」とCloud Native Nagoya主演の「Cloud Native Nagoya」にてfirebaseのLTをさせていただきました。そこで会話させていただいたfirebaseを使い始めて感じたメリット・デメリットについてまとめています。
PWA+SPAのwebアプリ作成にnuxtjs+firebaseがめちゃ便利だった
櫻井 裕司
2021/01/16 櫻井 裕司
tech
PWA+SPAのwebアプリを作る際にnuxt.js+firebaseを合わせて利用すると便利だったので知見を書き留めています
s3のhostingでPWAを導入する方法
櫻井 裕司
2020/12/19 櫻井 裕司
tech
アプリ作成時にpwaが比較されることが多かったですが、実際にpwaを実装した経験がなかったため今回自社サイトをPWA化してみました。
dockerでseleniumを動かしてみる(chrome_headless)
櫻井 裕司
2020/12/06 櫻井 裕司
tech
seleniumの相談をいただくことが増えたため、seleniumの勉強もかねてdockerでの実行テストを行いました
THE DECKのイベントにお邪魔させていただきました
本林 秀和
2020/12/05 本林 秀和
eventpersonal
大学コンソーシアム大阪のイベント@The DECK にお邪魔してきました
flutter(dart)を触ってみた感想
櫻井 裕司
2020/11/18 櫻井 裕司
tech
android向けアプリへの対応も考慮してflutter(dart)を触ってみたので、感想をまとめておこうと思います。理解が深まっていく中で定期的にまとめていければと思います。
代表本林による特別講演会が滝高校で開かれました
本林 秀和
2020/11/07 本林 秀和
eventpersonal
2020年11月7日(土)愛知県の私立滝高校において、代表本林による特別講演会を開催いたしました。IT業界やデータサイエンスについてお話しました。
AWS・GCPを選ぶ際の観点
櫻井 裕司
2020/10/28 櫻井 裕司
tech
AWSかGCPを選ぶ際の観点について書き留めておこうと思います
CloudFormationとterraformの比較
櫻井 裕司
2020/10/04 櫻井 裕司
tech
AWS CloudFormationとterraformの両方を使ってみて感じた違いをまとめてみました。
iosのcallkit周りでできること
櫻井 裕司
2020/08/24 櫻井 裕司
tech
新規事業を検討する上でios(swift)の電話周りでできることを調査したため、調査結果をブログとして残しています。
【個人ブログ】CTOの株運用ブログ_順調な滑り出し
櫻井 裕司
2020/07/19 櫻井 裕司
personalstock
長年放置してた株に少し手を出してみました。自分なりに少し情報整理と分析と予想をしたので記事にしてみます。
総務省特定サービス産業実態調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/18 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。今回は「特定サービス産業実態調査」について見ていこうと思います。
「お絵かきつみ木バトル」をリリースしました
櫻井 裕司
2020/07/12 櫻井 裕司
techapp
タスク管理を二次元的に行うアプリ「お絵かきつみ木バトル」をリリースしました。SinkCapitalはデータコンサルですが、知見蓄積のため様々な媒体での実験的開発を行っています
総務省工業統計調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/11 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。今回は「工業統計調査」について見ていこうと思います。
総務省サービス産業動向調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/08 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。初回は「サービス産業動向調査」について見ていこうと思います。
【個人ブログ】CTOが個人的に株をはじめました
櫻井 裕司
2020/07/08 櫻井 裕司
personalstock
長年放置してた株に少し手を出してみました。自分なりに少し情報整理と分析と予想をしたので記事にしてみます。
タスク管理アプリ「タスククロス」をリリースしました
櫻井 裕司
2020/04/08 櫻井 裕司
techapp
タスク管理を二次元的に行うアプリ「タスククロス」をリリースしました。SinkCapitalはデータコンサルですが、知見蓄積のため様々な媒体での実験的開発を行っています
【terraform】gcpでcicd環境を構築する方法
櫻井 裕司
2020/01/04 櫻井 裕司
tech
企業サイトはAWSを利用しているのですが、要件によってはGCPの方が適している場合もあるため、GCPでのcicd構築も行いました。AWSと比較しつつ説明しているため是非ご参考にしてみてください。
【合格体験記】GCP_Cloud_Archtectに受かりました
櫻井 裕司
2019/12/23 櫻井 裕司
personalqualification
Google Professional Cloud Architectに合格したので、勉強法別のコスパをまとめてみました。
AWSでサブドメインなし(wwwなし)からサブドメインあり(wwwあり)へのリダイレクト設定
櫻井 裕司
2019/12/23 櫻井 裕司
tech
もともと企業サイトがサブドメインありで公開していたが、サブドメインなしでもエラーなく接続できるように設計。terraformで作成しているので是非ご参考ください。
マークダウンで記事を書けるようにしてみた
櫻井 裕司
2019/12/16 櫻井 裕司
tech
ホームページのブログをマークダウンを使用してかけるようにしました。gatsbyなどもありますが、今回はお手製cicd+pythonを使用してライトに作成しました。
Copyright © SinkCapital 2022