SINKCAPITAL
SINKCAPITAL
Comapny Blog
flutter(dart)を触ってみた感想
tech

背景

 弊社では以前アプリ側のデータ収集知見を溜めるために自社iosアプリを作成していたのですが、 最近androidアプリのご要望も多かったのでflutterの勉強を開始しました。 iosユーザーが過半数を占める日本でandroid側のご要望される理由としては、 「全てのユーザーにリーチしたい」「価格の安いandroid端末を利用したい」 といった理由があるようです。 なおandroidのネイティブを勉強しなかった理由としては完全にCTOの趣味(新しい物好き)になります。 強いて言うとすれば今後弊社で開発予定のプロダクトにおいて、 ios・android両方で利用できることが便利であったことが理由として挙げられます。
 flutter(dart)の特徴は様々なサイトでまとめられているのですがjava・javascriptと似た言語のようで、 javaはほぼ触ったことがないですがそれ以外の言語との比較等しつつ、 flutter(dart)を触ってみた所感をまとめていければ良いかなと思います。

テストで作成した機能

 inputだけをして覚えられる性格ではないので、 今後プロダクトで使うであろう「認証機能(firebase)」「カメラ機能」の機能を持ったアプリを作りつつ勉強を行いました。

  • メインでカメラ画面があり、右上からログイン左下で撮影が行える
  • ログインは別画面で指定のアカウントでログインが行える(現状googleのみ)
camera

使ってみて気になった箇所

 Hello Worldレベルしかまだできていないですが、 その範囲で気になった点を以下にまとめてみようと思います。 (誤解している箇所も多いと思うので、修正コメント等いただけるととても嬉しいです)

デザインパターン

 swiftを始める際にデザインパターンを真似すると割とうまくいったので、 flutterでも同様にデザインパターン(BLoC)を真似するところから始めてみました。 今後理解が進んだ際に再度ちゃんとまとめてみようと思っていますが、 一番の特徴はVIEWの部分をwidgetと言う単位で細かく分けているところだと思います。 swiftはページ単位で要素を配置していましたが、 flutterは細かい要素を組見合わせて作る設計になっており、 どちらかと言うとHTMLの様に箱で管理するイメージに近いのだと思います。

画面遷移

 画面遷移についてはNavigatorと呼ばれるものを利用し、 画面移動(push)・画面を戻る(pop)を利用して画面遷移する様です。 swiftではsegueを利用していましたがなるべく一度表示した画面を再利用すると言う思想は同じ様です。 そのためswiftと同じ様に画面更新されない問題にはまりました。。。 一度表示した画面を更新をする場合は画面を戻る(pop)だけではなく、 明示的に更新( setState(() {}); )をしないといけない様です。 現時点では画面移動(push)をawaitを使って呼び出しその後ろに更新処理を入れているのですが、 そのやり方がいいのかはまだ判断がついていないです。

同期・非同期処理

 dart言語は基本的に同期で動くためログイン機能を追加しようとすると、 どうしても非同期処理を入れる必要がありました。 ( Firebase.initializeApp() を実行しないとログイン状態が取れないため) 詳しいやり方はFlutterでFirebaseを使うときのFirebase.initializeApp()の呼び方を参考にさせていただいたのですが、 Future を利用すればそのままNodejsのco的な記載方法ができるためとても便利でした。

触ってみた感想

 swiftの感覚で触るとかなり迷うところが多く、 同じアプリでもコードの思想が大きく違っているところはとても新鮮でした。 そしてflutterの売りでもあるios・android両方のシミュレーターで同じアプリが動かせる点はとても便利だと感じました。 まだまだコードの中身が綺麗に分離できていない点が多々あるので、 自社プロダクトを作りつつflutterのデザインパターンへの理解を深めていければと思います。
 最後に作成したコードをいくつか載せておくので、 気になった方はみてコメントをいただけると幸いです。 (なお実際はfirebaseを利用する際にいくつか設定が必要なため、コード単体ではエラーが出るので注意してください)

コード集

ディレクトリ構成

$ tree
.
├── app
│   └── widgets
│       ├── components
│       │   └── login_button.dart
│       └── screen
│           ├── camera.dart
│           ├── camera_display.dart
│           └── login.dart
└── main.dart

### 各種コード

import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:test_app/app/widgets/screen/login.dart';
import 'package:test_app/app/widgets/screen/camera.dart';

void main() {
  // この一文を入れないとエラーになる
  WidgetsFlutterBinding.ensureInitialized();
  runApp(MyApp());
}

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
        title: 'TEST',
        theme: ThemeData(
          primaryColor: Colors.blueGrey[800],
          visualDensity: VisualDensity.adaptivePlatformDensity,
        ),
        home: CameraHome(),
        routes: <String, WidgetBuilder>{
          '/camera': (BuildContext context) => CameraHome(),
          '/login': (BuildContext context) => LoginPage(title: 'firebase login'),
        });
  }
}
// firebase auth
import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:firebase_auth/firebase_auth.dart';
import 'package:google_sign_in/google_sign_in.dart';

class LoginPage extends StatefulWidget {
  LoginPage({Key key, this.title}) : super(key: key);

  final String title;

  @override
  _LoginPageState createState() => _LoginPageState();
}

class _LoginPageState extends State<LoginPage> {
  final GoogleSignIn _googleSignIn = GoogleSignIn();
  final FirebaseAuth _auth = FirebaseAuth.instance;

  Future<User> _handleSignIn() async {
    GoogleSignInAccount googleCurrentUser = _googleSignIn.currentUser;
    try {
      if (googleCurrentUser == null)
        googleCurrentUser = await _googleSignIn.signInSilently();
      if (googleCurrentUser == null)
        googleCurrentUser = await _googleSignIn.signIn();
      if (googleCurrentUser == null) return null;

      GoogleSignInAuthentication googleAuth =
          await googleCurrentUser.authentication;
      final AuthCredential credential = GoogleAuthProvider.credential(
        accessToken: googleAuth.accessToken,
        idToken: googleAuth.idToken,
      );
      final User user = (await _auth.signInWithCredential(credential)).user;
      print("signed in " + user.displayName);

      return user;
    } catch (e) {
      print(e);
      return null;
    }
  }

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return WillPopScope(
        onWillPop: () {
          Navigator.of(context).pop("戻るアイコンからの遷移");
          return Future.value(false);
        },
        child: Scaffold(
          appBar: AppBar(
            title: Text(widget.title),
          ),
          body: Center(
            child: Column(
                mainAxisAlignment: MainAxisAlignment.center,
                children: <Widget>[
                  RaisedButton(
                    child: Text('Sign in Google'),
                    onPressed: () {
                      _handleSignIn()
                          .then((User user) => Navigator.of(context).pop("戻るアイコンからの遷移"))
                          .catchError((e) => print(e));
                    },
                  ),
                ]),
          ),
        ));
  }
}
import 'package:flutter/material.dart';
import 'package:camera/camera.dart';
import 'package:path/path.dart' show join;
import 'package:path_provider/path_provider.dart';

import 'package:test_app/app/widgets/screen/camera_display.dart';
import 'package:test_app/app/widgets/components/login_button.dart';

class CameraHome extends StatefulWidget {
  // final CameraDescription camera;

  // const CameraHome({Key key, @required this.camera}) : super(key: key);
  const CameraHome({Key key}) : super(key: key);

  @override
  State<StatefulWidget> createState() => CameraHomeState();
}

class CameraHomeState extends State<CameraHome> {
  // デバイスのカメラを制御するコントローラ
  CameraController _cameraController;

  LoginButton loginButton = new LoginButton();

  var action;

  // コントローラーに設定されたカメラを初期化する関数
  Future<void> _initializeCameraController() async {
    // デバイスで使用可能なカメラの一覧を取得する
    final cameras = await availableCameras();

    // 利用可能なカメラの一覧から、指定のカメラを取得する
    final firstCamera = cameras.first;

    // コントローラを初期化
    _cameraController = CameraController(
        // 使用するカメラをコントローラに設定
        firstCamera,
        // 使用する解像度を設定
        // low : 352x288 on iOS, 240p (320x240) on Android
        // medium : 480p (640x480 on iOS, 720x480 on Android)
        // high : 720p (1280x720)
        // veryHigh : 1080p (1920x1080)
        // ultraHigh : 2160p (3840x2160)
        // max : 利用可能な最大の解像度
        ResolutionPreset.max);
    // コントローラーに設定されたカメラを初期化
    return _cameraController.initialize();
  }

  @override
  void initState() {
    super.initState();
  }

  @override
  void dispose() {
    // ウィジェットが破棄されたタイミングで、カメラのコントローラを破棄する
    _cameraController.dispose();
    super.dispose();
  }

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: const Text('カメラ撮影画面'),
        actions: [loginButton],
      ),
      // FutureBuilderを実装
      body: FutureBuilder<void>(
        future: _initializeCameraController(),
        builder: (context, snapshot) {
          if (snapshot.connectionState == ConnectionState.done) {
            // カメラの初期化が完了したら、プレビューを表示
            return CameraPreview(_cameraController);
          } else {
            // カメラの初期化中はインジケーターを表示
            return const Center(child: CircularProgressIndicator());
          }
        },
      ),
      floatingActionButton: Column(
        verticalDirection: VerticalDirection.up, // childrenの先頭を下に配置
        mainAxisSize: MainAxisSize.min,
        children: <Widget>[
          FloatingActionButton(
            child: const Icon(Icons.camera_alt),
            heroTag: 'camera',
            // ボタンが押下された際の処理
            onPressed: () async {
              try {
                // 画像を保存するパスを作成する
                final path = join(
                  (await getApplicationDocumentsDirectory()).path,
                  '${DateTime.now()}.png',
                );
 
                // カメラで画像を撮影する
                await _cameraController.takePicture(path);
 
                // 画像を表示する画面に遷移
                Navigator.push(
                  context,
                  MaterialPageRoute(
                    builder: (context) => CameraDisplay(imgPath: path),
                  ),
                );
              } catch (e) {
                print(e);
              }
            },
          ),
          Container(
            // 余白のためContainerでラップ
            margin: EdgeInsets.only(bottom: 16.0),
            child: FloatingActionButton(
              child: const Icon(Icons.settings),
              heroTag: 'setting',
              onPressed: () {
                showDialog(
                  context: context,
                  builder: (context) {
                    return AlertDialog(
                      title: Text('サンプルダイアログ'),
                      content: Text('アプリを閉じますか'),
                      actions: <Widget>[
                        FlatButton(
                          child: Text("CANCEL"),
                          onPressed: () => Navigator.pop(context),
                        ),
                        FlatButton(
                          child: Text("OK"),
                          onPressed: () => Navigator.pop(context),
                        ),
                      ],
                    );
                  },
                );
              },
            ),
          ),
        ],
      ),
    );
  }
}
import 'package:flutter/material.dart';
import 'dart:io';

class CameraDisplay extends StatelessWidget {
  // 表示する画像のパス
  final String imgPath;

  // 画面のコンストラクタ
  const CameraDisplay({Key key, this.imgPath}) : super(key: key);

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
        appBar: AppBar(
          title: const Text('Picture'),
        ),
        body: Column(
          // Imageウィジェットで画像を表示する
          children: [Expanded(child: Image.file(File(imgPath)))],
        )
    );
  }
}
import 'package:flutter/material.dart';

import 'package:firebase_core/firebase_core.dart';
import 'package:firebase_auth/firebase_auth.dart';
import 'package:google_sign_in/google_sign_in.dart';

class LoginButton extends StatefulWidget {
  final LoginButtonState abs = LoginButtonState();

  void refresh() {
    debugPrint("abs refresh");
    abs.refresh();
  }

  @override
  LoginButtonState createState() => abs;
}

class LoginButtonState extends State<LoginButton> {

  final GoogleSignIn _googleSignIn = GoogleSignIn();

  void refresh() {
    debugPrint("refresh");
    setState(() {});
  }

  Future<void> _handleSignOut() async {
    debugPrint("sign out");
    try {
      await FirebaseAuth.instance.signOut();
      await _googleSignIn.signOut();
    } catch (e) {
      debugPrint(e);
    }
    refresh();
  }

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return FutureBuilder(
        // Initialize FlutterFire:
        future: Firebase.initializeApp(),
        builder: (context, snapshot) {
          if (snapshot.hasError) {
            debugPrint(snapshot.error.toString());
            return Center(
                child: Text(
              snapshot.error.toString(),
              textDirection: TextDirection.ltr,
            ));
          }

          // Once complete, show your application
          if (snapshot.connectionState == ConnectionState.done) {
            final User currentUser = FirebaseAuth.instance.currentUser;
            if (currentUser == null) {
              return IconButton(
                icon: Icon(Icons.login),
                onPressed: () async {
                  final result = await Navigator.pushNamed(context, "/login");
                  refresh();
                },
              );
            } else {
              return IconButton(
                icon: Icon(Icons.logout),
                onPressed: () {
                  _handleSignOut().catchError((e) => print(e));
                },
              );
            }
          }
          // Otherwise, show something whilst waiting for initialization to complete
          return Center(
              child: Text(
                'Loading ...',
                textDirection: TextDirection.ltr,
              ));
        });
  }
}

参考リンク

Nuxt上でのd3を利用した散布図の作成方法
櫻井 裕司
2021/10/29 櫻井 裕司
techdataAnalytics
クリック可能な散布図をNuxtjs上で作成する場合にd3.jsが汎用性が高く便利でした。利用するにあたって難しかった点などを備考録としてまとめています。
アクセスログを可視化しGAのデータを直感的に理解できる型態にする試み(ネットワーク型)
櫻井 裕司
2021/09/05 櫻井 裕司
techdataAnalytics
ビジネスに活きる分析を進める上で弊社では「理解できる」ことを重要と考えており、特に直感的理解は可視化を進める上で特に重要だと考える内容の一つです。弊社では様々なお客様のデータ分析を進める上で常により示唆の大きい可視化を追求しており、今回はその中で最近試みているネットワーク側の可視化についてまとめたいと思います。
代表櫻井による特別講演会が白陵高等学校で開かれました
櫻井 裕司
2021/07/31 櫻井 裕司
eventpersonal
2021年の夏に兵庫県の私立白陵高等学校において、代表櫻井による特別講演会を開催いたしました。今振り返って高校の頃の自分に伝えたいことについてお話しました。
Nuxtで動的ページを随時追加する場合にNot Foundとなる
櫻井 裕司
2021/05/31 櫻井 裕司
tech
Nuxtで動的ページを登録する方法はありますが、登録後に随時コンテンツが追加される際はNot Foundとなってしまうので、そう言った際の対処方法について
GKEをやめてCloud Runを始めてみました
櫻井 裕司
2021/04/19 櫻井 裕司
tech
firebaseで構築したシステムの裏で動かすバッチの負荷が大きく、cloud functionsで終わらなかったためCloud Runを利用してみました。動作確認までの知見等を雑多にまとめてみました。
AWSをやめてfirebaseを使い始めて感じたメリットやデメリットとそれの対応策(LT登壇内容)
櫻井 裕司
2021/03/26 櫻井 裕司
techeventpersonal
みそかつウェブ・GDG Nagoya主催の「around firebase」とCloud Native Nagoya主演の「Cloud Native Nagoya」にてfirebaseのLTをさせていただきました。そこで会話させていただいたfirebaseを使い始めて感じたメリット・デメリットについてまとめています。
PWA+SPAのwebアプリ作成にnuxtjs+firebaseがめちゃ便利だった
櫻井 裕司
2021/01/16 櫻井 裕司
tech
PWA+SPAのwebアプリを作る際にnuxt.js+firebaseを合わせて利用すると便利だったので知見を書き留めています
s3のhostingでPWAを導入する方法
櫻井 裕司
2020/12/19 櫻井 裕司
tech
アプリ作成時にpwaが比較されることが多かったですが、実際にpwaを実装した経験がなかったため今回自社サイトをPWA化してみました。
dockerでseleniumを動かしてみる(chrome_headless)
櫻井 裕司
2020/12/06 櫻井 裕司
tech
seleniumの相談をいただくことが増えたため、seleniumの勉強もかねてdockerでの実行テストを行いました
THE DECKのイベントにお邪魔させていただきました
本林 秀和
2020/12/05 本林 秀和
eventpersonal
大学コンソーシアム大阪のイベント@The DECK にお邪魔してきました
代表本林による特別講演会が滝高校で開かれました
本林 秀和
2020/11/07 本林 秀和
eventpersonal
2020年11月7日(土)愛知県の私立滝高校において、代表本林による特別講演会を開催いたしました。IT業界やデータサイエンスについてお話しました。
AWS・GCPを選ぶ際の観点
櫻井 裕司
2020/10/28 櫻井 裕司
tech
AWSかGCPを選ぶ際の観点について書き留めておこうと思います
CloudFormationとterraformの比較
櫻井 裕司
2020/10/04 櫻井 裕司
tech
AWS CloudFormationとterraformの両方を使ってみて感じた違いをまとめてみました。
iosのcallkit周りでできること
櫻井 裕司
2020/08/24 櫻井 裕司
tech
新規事業を検討する上でios(swift)の電話周りでできることを調査したため、調査結果をブログとして残しています。
【個人ブログ】CTOの株運用ブログ_順調な滑り出し
櫻井 裕司
2020/07/19 櫻井 裕司
personalstock
長年放置してた株に少し手を出してみました。自分なりに少し情報整理と分析と予想をしたので記事にしてみます。
総務省特定サービス産業実態調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/18 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。今回は「特定サービス産業実態調査」について見ていこうと思います。
「お絵かきつみ木バトル」をリリースしました
櫻井 裕司
2020/07/12 櫻井 裕司
techapp
タスク管理を二次元的に行うアプリ「お絵かきつみ木バトル」をリリースしました。SinkCapitalはデータコンサルですが、知見蓄積のため様々な媒体での実験的開発を行っています
総務省工業統計調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/11 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。今回は「工業統計調査」について見ていこうと思います。
【個人ブログ】CTOが個人的に株をはじめました
櫻井 裕司
2020/07/08 櫻井 裕司
personalstock
長年放置してた株に少し手を出してみました。自分なりに少し情報整理と分析と予想をしたので記事にしてみます。
総務省サービス産業動向調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/08 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。初回は「サービス産業動向調査」について見ていこうと思います。
タスク管理アプリ「タスククロス」をリリースしました
櫻井 裕司
2020/04/08 櫻井 裕司
techapp
タスク管理を二次元的に行うアプリ「タスククロス」をリリースしました。SinkCapitalはデータコンサルですが、知見蓄積のため様々な媒体での実験的開発を行っています
【terraform】gcpでcicd環境を構築する方法
櫻井 裕司
2020/01/04 櫻井 裕司
tech
企業サイトはAWSを利用しているのですが、要件によってはGCPの方が適している場合もあるため、GCPでのcicd構築も行いました。AWSと比較しつつ説明しているため是非ご参考にしてみてください。
【合格体験記】GCP_Cloud_Archtectに受かりました
櫻井 裕司
2019/12/23 櫻井 裕司
personalqualification
Google Professional Cloud Architectに合格したので、勉強法別のコスパをまとめてみました。
AWSでサブドメインなし(wwwなし)からサブドメインあり(wwwあり)へのリダイレクト設定
櫻井 裕司
2019/12/23 櫻井 裕司
tech
もともと企業サイトがサブドメインありで公開していたが、サブドメインなしでもエラーなく接続できるように設計。terraformで作成しているので是非ご参考ください。
マークダウンで記事を書けるようにしてみた
櫻井 裕司
2019/12/16 櫻井 裕司
tech
ホームページのブログをマークダウンを使用してかけるようにしました。gatsbyなどもありますが、今回はお手製cicd+pythonを使用してライトに作成しました。