SINKCAPITAL
SINKCAPITAL
employment company Blog
世界各国で利用されるCRMツール、Hubspotを既存の自社サイトに対して導入してみました。
櫻井 裕司
2023/01/23 櫻井 裕司
tech

Hubspotとは

 HubSpotはマーケティングやセールス、カスタマーサービスなどの機能を提供するのプラットフォームです。 そのためGoogle Analyticsと似た機能やSalesforceと似た機能などが備わっており、それらをCRMを中心として管理を行うことができます。 今回はそんなHubspotを自社サイトに導入してみたので、使い勝手や既存ツールとの比較をまとめていこうと思います。

特徴

 まずHubspotの特徴としては以下のようなものがあります。

  • アクセス解析、メール・SNS・コンテンツマーケティング、リード育成などインサイドセールスに関わる機能を統合的に管理することができる
  • ユーザーの行動パターンに沿ったマーケティングのシナリオを作ることができ、スコアに沿ったメールの自動送信などができる
  • webアクセス解析やメール開封率などマーケティングに関わるデータを用いたデータ分析を行うことができる
  • 無料版で始めることができ、小さい規模の組織でも利用開始することができる

今回のユースケース

 今回自社サイトに導入するユースケースの特徴は以下のようなものになっています。

  • すでに自社サイトフォームが存在している
  • Google Tag ManagerでGoogle Analytics4などのタグを配信している
  • 今後会社資料PDF等をメールなどを通じて送付した際のトラッキングも想定
  • 取得できたデータをAPIを用いて分析基盤に入れることを想定する

手順

1. アカウントの設定

 まずHubsspot CRMのサイトにて「無料でCRMを試してみる」をクリックし、手順に沿って会社情報などを入力していきます。

hubspot_01

 登録が完了するとCRMの短いデモが開始され、テストのコンタクトデータを取り込むことができます。機能を使って行くとわかるのですが全機能が基本的にコンタクトを中心として作られており、フォームを送信した際のリード情報などもコンタクトを作ることで作成されます。

hubspot_02

 デモが終了すると以下のようなダッシュボードを確認することができます。ユーザー登録してみた感想としてはチュートリアルが充実しており、スクリーンショットからも分かる通り使いたい機能に沿ったチュートリアルがそれぞれ準備されています。

hubspot_03

2. トラッキングコードの導入

 今回自社サイトにおけるアクセス解析を行うことを考えているため、まずトラッキングコードの追加を行います。チュートリアルにおける「サイトにトラッキングコードを追加」をクリックし、「Google タグマネージャーを使用してトラッキングコードをインストールする」を参考にトラッキングコードを追加します。

hubspot_04

 トラッキングコード設定完了後にサイトへのアクセスが有ると、以下のスクリーンショットが表示され上手くデータが取得できていることが確認できます。この画面が表示されれば一旦トラッキングコードの追加は完了となります。

hubspot_05

3. フォームの設定

 Hubspotにはフォームを作成する機能が別途存在するのですが、今回はすでに既存のフォームが自社サイト内に存在するためそちらを活用する方針で進めます。 外部フォームのデータ収集設定はとても簡単で、フォームの設定において「ウェブサイトフォームからデータを収集」のスイッチボタンをonにすることで収集されるようになります。

hubspot_06

 データ収集するフォームはこちらの条件を満たしている必要があります。

  • be a static HTML form.
  • be wrapped in HTML <form> tags.
  • not be in an <iframe>.
  • have an email input field.

 弊社のフォームでいうと以下のように条件を満たしていたためそのままデータの収集を行うことができます。

  • 静的HTMLで構成されている(nuxtで作成してS3ホスティングしている)
  • <form> タグで囲われている
  • <iframe> を利用していない
  • type="email" のインプットが存在する

hubspot_07

 ただデフォルトでemailの情報は取得することができるのですが、他の項目については以下の条件に従って短文テキストのみフィールドへデータが格納されるため、対応するフィールドがない項目についてはデータを収集することができません。

  1. field name with contact property internal name
  2. field label with contact property name
  3. field label with contact property internal name
  4. field name with contact property name

弊社のフォームで言うとGoogleFormを元に作成しているためnameが name="entry.XXXXXXXXX" といった形になっていたため、別途対応するフィールドを以下スクリーンショットの用に作成する必要がありました。

hubspot_08

 Hubspot側にフィールドを準備した後フォームを送信すると、以下スクリーンショットの用にデータの収集を行うことができます。(なお「お名前(相談フォーム経由)」については、内部名を間違えたためデータが入っていない状態となっています)

hubspot_09

4. PDFのトラッキング

 次は会社資料PDF等をメールなどを通じて送付した際のトラッキング方法について見ていこうと思います。Hubspotは自社サイトやフォームをホスティングする機能があるのですが、それと並ぶ形でPDFなどのファイルをホスティングする機能がSalesHubの中に存在します。ヘッダーにおいて「セールス > ドキュメント」と進むことでPDFをアップロードできる画面に映ることができます。

hubspot_10

 アップロードされたPDFなどは以下スクリーンショットのようにリスト化され、閲覧数などを確認できる状態になります。

hubspot_11

 そしてマウスオーバーした際に出てくる「アクション > リンクを作成」を行うことで、外部に対象ファイルを共有するためのリンクを作成することができます。

hubspot_12

 そのリンクを開くことで以下スクリーンショットのようにPDFの閲覧を行うことができます。

hubspot_13

 そして閲覧ログがHubspot側で確認することができます。

hubspot_14

 なおシークレットウィンドウで閲覧したりする場合はメールアドレスが聞かれ、入力したメールアドレスに紐づくコンタクトのユーザーが閲覧したとしてログがHubspotに溜まっていきます。

hubspot_15 hubspot_16

 またPDFの閲覧時間がメールで通知として送られてきたり、コンタクト側でもアクションとして確認できたりと、統合的に閲覧ログがHubspot内で閲覧ログが利用されていることがわかります。

hubspot_17 hubspot_18

5. APIの利用

 最後にHubspotに集まったデータをAPI経由で取得する方法について確認してみようと思います。 HubspotにてAPIを利用する場合はまず認証のためにtokenが必要であり、 tokenを発行するためには非公開アプリを作成する必要があります。

hubspot_19 hubspot_20

 非公開アプリはそれぞれ権限を付与することができ、今回は主にCRMのデータ抽出(読み取り)の権限を付与しました。

hubspot_21

 HubSpot APIリファレンスドキュメントにある通り、HubspotAPIはNode.Js・PHP・Ruby・Pythonのクライアントライブラリーが存在します。 今回はその中のpythonクライアントを用いて以下のようなコンタクトのデータを取得するコードを試してみました。

import os
from hubspot import HubSpot

api_client = HubSpot(access_token=os.environ['HUBSPOT_TOKEN'])


all_contacts = api_client.crm.contacts.get_all()
print(all_contacts)

こちらのコードを実行すると以下のようにコンタクトに紐づくデータの取得を行うことができます。

hubspot_22

既存ツールとの比較

 今回試したのはHubspotの機能のうちほんの一部ですが、 その中での使い勝手について既存のツールとの比較を簡単にまとめておこうと思います。

Google Analytics4

 今回導入したトラッキングコードで得られるデータを元に、 Google Analyticsのようなレポートを作成することができます。 そういった意味ではアクセス解析面では似た特徴を持っていますが、 少し使ってみた感想としては以下のような差分を感じました。

  • GA4は簡単にBigQueryにrawdataを連携することができる
  • Hubspotはコンタクト情報に紐付けることができる
  • Google広告に連携して広告最適化を行う場合、Hubspotは別途プラグイン等の設定が必要だと思われる

Salesforce

 フォーム周りでリード情報を作成し、 パイプラインで営業行動を管理する点はSalesforceと似た点が多くありました。 実際に営業行動の箇所を行ったわけではないのでリード作成までについてですが、 Salesforceの場合はPardotなどを用いてフォームを作って連携する必要があるのに対し、 Hubspotは既存のフォームを用いてリード作成ができる点は優れていると感じました。

まとめ

 今回すでに存在する自社サイトと自社フォームに対して、 Hubspotを導入して使い勝手を確認してみました。 実際に得られたデータの利用はまだ行っていないですが、 無料でとても簡単に導入することができるためとても良いツールだと感じました。
 今後広告出稿などを行っていく中でより運用する際の使い勝手などもまとめていければと思います。

海外で有名なデータ統合Saasプロダクトであるfivetranを利用してみました
櫻井 裕司
2023/01/12 櫻井 裕司
tech
海外で有名なデータ統合Saasプロダクトであるfivetranを利用してデータ連携をしてみました。日本では類似のサービスとしてtroccoがありますが、troccoとの違いも整理していければと思っています。
【事例紹介】freee株式会社のデータ分析業務をお手伝いさせていただきました
櫻井 裕司
2022/12/28 櫻井 裕司
tech case
人事労務・会計などを含むクラウドERPを提供するfreee株式会社(以下、freee)は、既存事業の伸びに加えて受発注やタスク管理など新規領域開拓も加わり成長を続けています。それに伴いデータ分析環境の保守管理や、データ利用者からの問い合わせ対応に取られる時間が増えてしまい、分析業務に当てる時間が圧迫されていました。今回、これらの課題に対してSinkCapitalのサポートを依頼してくださったAnalyticsチームの鎌田さん・福田さん・鈴木さんに導入結果や今後の見通しについて伺いました。
Pipedrive Web Formsでutmを取得する方法
丸山 慎也
2022/12/07 丸山 慎也
tech
Pipedrive には、ウェブフォーム(Pipedrive Web Forms) という機能があります。今回はこの Pipedrive Web Forms の送信時に、utmを取得する方法についてまとめました。
データ周りで話題のdbt(data build tool)をBigQueryを使ってみました
櫻井 裕司
2022/12/05 櫻井 裕司
tech
ETL・ELTのLoad部分を担うオープンソースサービスであるdbtを使ってみて、既存のサービスとの比較を行いました。既存のサービスにない多くの特徴を持っていますので、もし気になった方はぜひ見ていただければと思います。
【事例紹介】IVRy様の分析基盤データパイプラインの設計・開発をお手伝いさせていただきました
櫻井 裕司
2022/11/23 櫻井 裕司
tech case
電話自動応答サービスを展開されているIVRy様に対し、弊社でデータパイプライン構築のお手伝いさせていただきました。その中で重視した考え方や設計思想、また構築後の使用感などを記事にまとめさせていただきましたので、データパイプラインをご検討中の方は是非ご参考にしていただけますと幸いです。
Snowflakeにterraformを導入する方法
櫻井 裕司
2022/10/08 櫻井 裕司
tech
0からSnowflakeにterraformを導入した際の方法をご紹介します。Snowflake独自の注意点なども記載させていただきましたので、そちらもご参考いただけると幸いです。
BQにおけるSQL検算を効率化する無料chrome拡張機能をリリースいたしました
櫻井 裕司
2022/09/01 櫻井 裕司
tech
BigQueryのjoin句を含むstandardSQLを入力することで、join前後でのレコード数の変化を返すSQLを自動でクリップボードにコピーする無料chrome拡張機能をリリースいたしました。
社内ドキュメントにNotionを導入して感じた事
櫻井 裕司
2022/04/02 櫻井 裕司
tech
社内ドキュメントをNotionに寄せることで見えてきたメリット・デメリットをまとめていきたいと思います。また使う中で感じたいくつかの要望もまとめていこうと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第3章 BIツールに関する知識をつける
白井 透
2022/03/31 白井 透
techinternlearning
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第3章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第2章 さまざまな分析をしてみよう
白井 透
2022/03/30 白井 透
techinternlearning
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第2章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第1章 分析ダッシュボードを作ってみよう
白井 透
2022/03/29 白井 透
techinternlearning
【「BIツール」活用 超入門 Google Data Portalではじめるデータ集計・分析・可視化 第1章】現在長期インターンをさせてもらっているSinkCapitalさんの方で、データ系の業務に携わることになりそうなのですが、それの準備期間として紹介していただいた本をまとめていきたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第14章をやってみて & まとめ
白井 透
2022/02/20 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第14章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第13章をやってみて
白井 透
2022/02/20 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第13章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第12章をやってみて
白井 透
2022/02/19 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第12章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第11章をやってみて
白井 透
2022/02/19 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第11章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第10章をやってみて
白井 透
2022/02/18 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第10章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第9章をやってみて
白井 透
2022/02/16 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第9章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第8章をやってみて
白井 透
2022/02/14 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第8章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第7章をやってみて
白井 透
2022/02/14 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第7章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第6章をやってみて
白井 透
2022/02/13 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第6章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第5章をやってみて
白井 透
2022/02/12 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第5章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第4章をやってみて
白井 透
2022/02/11 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第4章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第3章をやってみて
白井 透
2022/02/08 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第3章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第2章をやってみて
白井 透
2022/02/07 白井 透
techinternlearning
【Ruby on rails 第2章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Ruby on Rails チュートリアル第1章をやってみて & 自己紹介
白井 透
2022/02/07 白井 透
techinternlearningpersonal
【Ruby on rails 第1章】インターン先の方から、「これやっとけば、だいぶいい感じだよ!」と言われたので、Ruby on railsのチュートリアルをやってみたいと思います。
Nuxt上でのd3を利用した散布図の作成方法
櫻井 裕司
2021/10/29 櫻井 裕司
techdataAnalytics
クリック可能な散布図をNuxtjs上で作成する場合にd3.jsが汎用性が高く便利でした。利用するにあたって難しかった点などを備考録としてまとめています。
アクセスログを可視化しGAのデータを直感的に理解できる型態にする試み(ネットワーク型)
櫻井 裕司
2021/09/05 櫻井 裕司
techdataAnalytics
ビジネスに活きる分析を進める上で弊社では「理解できる」ことを重要と考えており、特に直感的理解は可視化を進める上で特に重要だと考える内容の一つです。弊社では様々なお客様のデータ分析を進める上で常により示唆の大きい可視化を追求しており、今回はその中で最近試みているネットワーク側の可視化についてまとめたいと思います。
代表櫻井による特別講演会が白陵高等学校で開かれました
櫻井 裕司
2021/07/31 櫻井 裕司
eventpersonal
2021年の夏に兵庫県の私立白陵高等学校において、代表櫻井による特別講演会を開催いたしました。今振り返って高校の頃の自分に伝えたいことについてお話しました。
Nuxtで動的ページを随時追加する場合にNot Foundとなる
櫻井 裕司
2021/05/31 櫻井 裕司
tech
Nuxtで動的ページを登録する方法はありますが、登録後に随時コンテンツが追加される際はNot Foundとなってしまうので、そう言った際の対処方法について
GKEをやめてCloud Runを始めてみました
櫻井 裕司
2021/04/19 櫻井 裕司
tech
firebaseで構築したシステムの裏で動かすバッチの負荷が大きく、cloud functionsで終わらなかったためCloud Runを利用してみました。動作確認までの知見等を雑多にまとめてみました。
AWSをやめてfirebaseを使い始めて感じたメリットやデメリットとそれの対応策(LT登壇内容)
櫻井 裕司
2021/03/26 櫻井 裕司
techeventpersonal
みそかつウェブ・GDG Nagoya主催の「around firebase」とCloud Native Nagoya主演の「Cloud Native Nagoya」にてfirebaseのLTをさせていただきました。そこで会話させていただいたfirebaseを使い始めて感じたメリット・デメリットについてまとめています。
PWA+SPAのwebアプリ作成にnuxtjs+firebaseがめちゃ便利だった
櫻井 裕司
2021/01/16 櫻井 裕司
tech
PWA+SPAのwebアプリを作る際にnuxt.js+firebaseを合わせて利用すると便利だったので知見を書き留めています
s3のhostingでPWAを導入する方法
櫻井 裕司
2020/12/19 櫻井 裕司
tech
アプリ作成時にpwaが比較されることが多かったですが、実際にpwaを実装した経験がなかったため今回自社サイトをPWA化してみました。
dockerでseleniumを動かしてみる(chrome_headless)
櫻井 裕司
2020/12/06 櫻井 裕司
tech
seleniumの相談をいただくことが増えたため、seleniumの勉強もかねてdockerでの実行テストを行いました
THE DECKのイベントにお邪魔させていただきました
本林 秀和
2020/12/05 本林 秀和
eventpersonal
大学コンソーシアム大阪のイベント@The DECK にお邪魔してきました
flutter(dart)を触ってみた感想
櫻井 裕司
2020/11/18 櫻井 裕司
tech
android向けアプリへの対応も考慮してflutter(dart)を触ってみたので、感想をまとめておこうと思います。理解が深まっていく中で定期的にまとめていければと思います。
代表本林による特別講演会が滝高校で開かれました
本林 秀和
2020/11/07 本林 秀和
eventpersonal
2020年11月7日(土)愛知県の私立滝高校において、代表本林による特別講演会を開催いたしました。IT業界やデータサイエンスについてお話しました。
AWS・GCPを選ぶ際の観点
櫻井 裕司
2020/10/28 櫻井 裕司
tech
AWSかGCPを選ぶ際の観点について書き留めておこうと思います
CloudFormationとterraformの比較
櫻井 裕司
2020/10/04 櫻井 裕司
tech
AWS CloudFormationとterraformの両方を使ってみて感じた違いをまとめてみました。
iosのcallkit周りでできること
櫻井 裕司
2020/08/24 櫻井 裕司
tech
新規事業を検討する上でios(swift)の電話周りでできることを調査したため、調査結果をブログとして残しています。
総務省特定サービス産業実態調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/18 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。今回は「特定サービス産業実態調査」について見ていこうと思います。
「お絵かきつみ木バトル」をリリースしました
櫻井 裕司
2020/07/12 櫻井 裕司
techapp
タスク管理を二次元的に行うアプリ「お絵かきつみ木バトル」をリリースしました。SinkCapitalはデータコンサルですが、知見蓄積のため様々な媒体での実験的開発を行っています
総務省工業統計調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/11 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。今回は「工業統計調査」について見ていこうと思います。
総務省サービス産業動向調査のデータ分析
櫻井 裕司
2020/07/08 櫻井 裕司
techdataAnalytics
総務省がAPIで市場データを公開しており、分析技術向上と市場感を養うことを目的に定期的に分析を行なっていこうと思います。初回は「サービス産業動向調査」について見ていこうと思います。
タスク管理アプリ「タスククロス」をリリースしました
櫻井 裕司
2020/04/08 櫻井 裕司
techapp
タスク管理を二次元的に行うアプリ「タスククロス」をリリースしました。SinkCapitalはデータコンサルですが、知見蓄積のため様々な媒体での実験的開発を行っています
【terraform】gcpでcicd環境を構築する方法
櫻井 裕司
2020/01/04 櫻井 裕司
tech
企業サイトはAWSを利用しているのですが、要件によってはGCPの方が適している場合もあるため、GCPでのcicd構築も行いました。AWSと比較しつつ説明しているため是非ご参考にしてみてください。
【合格体験記】GCP_Cloud_Archtectに受かりました
櫻井 裕司
2019/12/23 櫻井 裕司
personalqualification
Google Professional Cloud Architectに合格したので、勉強法別のコスパをまとめてみました。
AWSでサブドメインなし(wwwなし)からサブドメインあり(wwwあり)へのリダイレクト設定
櫻井 裕司
2019/12/23 櫻井 裕司
tech
もともと企業サイトがサブドメインありで公開していたが、サブドメインなしでもエラーなく接続できるように設計。terraformで作成しているので是非ご参考ください。
マークダウンで記事を書けるようにしてみた
櫻井 裕司
2019/12/16 櫻井 裕司
tech
ホームページのブログをマークダウンを使用してかけるようにしました。gatsbyなどもありますが、今回はお手製cicd+pythonを使用してライトに作成しました。
Copyright © SinkCapital 2023
ご相談はこちらから